おしゃれMs.ドットコム

【おしゃれMs.のつぶやき】忙しい毎日でも、ナチュラルにおしゃれを楽しむ

オードリー ヘップバーンの言葉

 本屋に入ってすぐ、本の表紙の色に弾かれて手に取りました。

大好きな色です。

そして、写真の人物はオードリーヘップバーン。

 

即買って、駅のホームで読み始めました。

引き込まれてあっという間に読めました。

 

オードリーヘップバーンの映画はもちろん、彼女が映画にあまりでなくなったこと、そして晩年はボランティア活動をよくしていたことは、何となく知っていました。

 

でも、この一冊を読んで、彼女の生き方、考え方を知って、こんなに強い人だったんだと、あの繊細さ、はかなげなイメージからは想像出来なかったです。

 

自分の弱さや、自分の欠点を補うために、素晴らしいジバンシーを常に身に纏う。それは最大限にオードリーの美しさを引き出すことになる。自分が美しいのではなく、ジバンシーの服だからそう見えるのだと言い切る。

 

彼女の厳しい戦争体験や、父との別離を通して、傷ついた彼女は知らず知らずに強く生きようとする。

 

人気女優になっても、この状況はひとつの通過点と考える。

 

女優として成功しても、家庭や子育てを大事にしようとした。

 

あまりにもオードリーは強すぎて、読んでてちょっと辛くなった項目もありました。

 

もっと早く読みたかったとも思いました。

私は家庭や子育てを第一に考えてはいなかった。大事な時期にそばにはいてあげられなかったと。

愛情の形は人それぞれなので、いつかわかってくれればいいと私は思います。

 

でも、オードリーの聡明な考え方は、今からでも自分の目標になると思いました。

 

オードリーも紆余曲折しながら、いろんな経験をし、いろんな人と出会い、自分の生き方を模索していったのだと思います。

 

私もこの一冊が、いい転換期になりそうです。

 

オードリー・ヘップバーンの言葉 ~なぜ彼女には気品があるのか (だいわ文庫 D 327-1)

オードリー・ヘップバーンの言葉 ~なぜ彼女には気品があるのか (だいわ文庫 D 327-1)