ブログ:おしゃれMs.ドットコム

普段のおしゃれ、気になること、美味しいものを綴っています。

魚料理を増やすなら、オリーブオイルでソテーする。


https://www.instagram.com/p/BGNxx5oKpdW/

出勤前に魚料理を作るのは手間がかかり、肉料理の方が作りやすいのでどうしても出番が少ないのですが、

やっと最近、魚料理のレパートリーが増えてきたように思えます(汗)

魚料理と言えば、我が家では、

煮魚、焼き魚が主で、たまにいわしやアジののフライや天ぷら、南蛮漬けとどうも和食系の味になってしまいます。

いわしのフライやアジのフライはあの揚げたて熱々にレモンを絞って食べるのは最高です。

でも休日の家族揃う日もめったになく、仕事の日には、あー無理だと諦めてしまいます。

でも、魚料理は和食とは限らないと。


オリーブオイルでソテーする


そっか、サバでも 、いわし、アジ、鯛、旬ではないけどサンマでも。

一番シンプルで切り身に塩コショウしてガーリック効かせてオリーブオイルでソテーする。

ハーブソルトを効かせてパン粉焼きにしてもいい。パン粉は、急ぎならば衣の代わりにマヨネーズを直接切り身に塗ってから付けても美味しい。


ソースはレモンだけでもいいし、市販のドレッシングでも。市販のトマトソースを使ってもいい。

ソテーするのは焼き魚と同じ調理法であり、フライや天ぷらよりもカロリーは低めなのですので、頻繁に作っても安心です。

簡単ですが、魚料理のレパートリーが増えると魚からたんぱく質が摂れる割合が増えますね。


魚料理は下ごしらえが大変ですが

お肉は、下ごしらえして廃棄する部分は少ないです❗

それにくらべて魚は、下ごしらえした後の骨や内蔵は、その日のごみの日に捨てることが出来たらいいのですが、出来ないと、ごみの処理や保管が悩みです。

うちでは、すぐに捨てられないときには、骨や内蔵は2重に袋に入れてきつく絞って、次のごみの日まで冷凍庫へいれておきます。

こうすれば臭いも出ず、安心です。


ソテーしてイタリアン風にして食べることを増やし、下ごしらえした後のその処理の悩みを解消出来ると魚料理を作るのが増えてきたように思います。

魚料理と肉料理が半々で作れるようになるのが今のところ目標です。


魚料理は大好きな白ワインにも合うんですよね✨